福岡県 小石原焼 訪問
◆窯名:小石原焼 泉利美窯 (いずみがま)
◆作家名: 泉 利美(いずみ としみ)
◆所在地:福岡県朝倉郡小石原村
◆訪問日:2005/06/19
◆公式サイト:小石原焼・高取焼とは
九州は焼き物の産地がたくさんあります。今回の仕入れでは、九州の北部にある「小石原焼」の窯元さんに行きました。高速道路を降りてから、山の中をかなり走って、ようやく辿り着きました。

写真:000 山道を抜けたところにありました。
写真:001 小石原焼きは、とびカンナと、ロクロで回しながら、ハケで釉薬をチョンチョンとリズムを付けて付ける文様が特徴です。
写真:002 いろいろな雑器があります。
ここは急須のコーナー。すごく安いです。
写真:003
写真:004
写真:005
写真:006 すり鉢などもいいかんじです。小型の擂鉢は、地元のレストランチェーンが採用して以後、すごいよく出ると言ってました。
写真:007
写真:008 この辺も典型的なとびカンナの皿です。
写真:009
写真:010 釉薬をかけてから、カンナで刻みます。
写真:011
写真:012 ちょうどロクロで擂鉢の高台を加工していました。
まず、底を平らに削って
写真:013 全体の形を整えます。
面白いように削れるので、やってみたくなります。
写真:014 糸底を削りだしているところです。
写真:015 これがこの窯の奥さん。
前回いつ来たかを伝票で調べてもらったら、おととしだと思ったのが4年前でした・・
写真:016 小石原焼の窯元はたくさんあり、それらの窯元さんの作品をまとめて展示している施設です。
写真:017 展示されているのは全部の窯元ではありませんが、いくつかのブースになっています。
写真:018 それぞれのブースに一つの窯の品が展示されています。
写真:019 それぞれ、多様違いますが、基本は掛け釉と、トビかんなです。
やきもの見聞録Top