福岡県 小鹿田焼 訪問
◆窯名:小鹿田焼 (おんたやき)
◆作家名:黒木 隆(くろき たかし)
◆所在地:大分県日田市源栄町皿山地区
◆訪問日:2005/06/19
小鹿田焼は大分県の山間の集落で、子から孫へ・・と一子相伝で伝えてきた伝統の窯場です。
現在は、10窯あり、6基の共同のぼり窯で焼いています。
陶土は地元の山の土で、それを唐臼というシーソー型の水車で粉にして、粘土を作っています。
そのそれぞれの窯元の家にある唐臼の音が日本の音風景として環境庁より選ばれています。

写真:000 山間のそれほど大きくない集落です。川沿いにいくつかの窯元が並んでいて、川の水を利用しています。
写真:001 地域内には6基の共同の登り窯があります。
写真:002 これは中規模の登り窯
写真:003
写真:004 中にはまだ焼き物が残っていました。
写真:005 これは、地元の山で掘り出した陶土をついて粉にする唐臼(からうす)
写真:006 川の水を引き込んで、シーソー式の水車を動かします。

動画(AVI)ファイル


<< 動画です(10Mほどあります)
写真:007 川にそって何軒もの窯が唐臼を利用して陶土を粉にしています。
その音がまた魅力的です。
やっぱり音風景に選ばれるだけあります。
写真:008 手前の細長い水槽に陶土と水を入れ、水と混ぜ合わせて、混ざった部分だけを、その向こうのマスに入れて、粘土にします。
写真:009 加藤隆さんの工房と自宅。
手前の四角いのが、陶土をためておくプール(?)
写真:010 出来た製品が庭に並べられています。
写真:011 これは粘土のプールから出した粘土。まだ水が多くて使えないので、天日に干して水を蒸発させています。
写真:012 小鹿田焼の特徴は、小石原焼と同じとびカンナ。
写真:013 製品はどれも安いです。産業としてあまり大きくないので、問屋さんの扱いも少ないからなのでしょうか?
写真:014
写真:015 ちょうど黒木さんが作業されていました。
蹴ロクロ(けろくろ)でした。
写真:016 大皿の周囲を、ロクロを回しながら刷毛でチョンチョンと模様を付けてあります。
その中央にハガネを当てて削ります。
写真:017 きれいにとびカンナの模様が入りました。
写真:018 隣では黒田さんのおじいさんがロクロをしていました。
これも蹴ロクロでした。
写真:019 定規や形板も使わないで、見た目おんなじ大きさと形に仕上げて行きます。
すごいですね・・
やきもの見聞録Top